前へ
次へ

インターナショナルスクールの基礎知識は

将来的に子供をインターナショナルスクールに入れたいと考えている親は少なくありませんが、ほとんどの場合のメリットは英語を話すことができることでしょう。また、早くから海外の情勢に精通しておき、海外に進出する際にも有利になる点は確かにあり得ることです。しかしそれとは別に、インターナショナルスクールに通うことで勉強料が増えることも頭に入れておかなければいけません。例えば高校をするぐらいの年齢の時にインターナショナルスクールに通う子供が多いですが、日本の高校とは少し異なることがあるとすれば、それは勉強量の多さです。アメリカの大学などを考えればわかりますが、アメリカの大学の場合には入学はそこまで難しくないけども、進学が難しくなります。学校に入ってからの勉強料が非常に多く、個人だけではやり切れない可能性もあります。そうすると、家庭教師などを付けなければならない可能性も否定できません。そうすると、費用が余計に高くなってしまいますが、それでも海外の学校に行くよりも日本のインターナショナルスクールにかよう方がメリットがあると考えられる場合には、通ってみるのがよいでしょう。

Page Top