前へ
次へ

インターナショナルスクールの向き不向き

インターナショナルスクールに通っている大半は、日本に居住する外国人の子どもです。日本人でも入学でき、外国人と触れ合いながら国際的な感覚を養えます。そこで、個人的な意見を踏まえて向き不向きを解説していきます。まず向いているのは、コミュニケーション能力が高い子どもです。インターナショナルスクールは、主に日本人が通う公立や私立の一般的な学校と違いいろんな人種がいます。文化や価値観が大きく異なる相手と接するケースがほとんどです。これが、コミュニケーション能力を必要とする理由です。人と話すことが好きな性格であれば接していても苦にならず、むしろさまざまな人と話せて面白く感じるかもしれません。また、英語を学習したい子どもにも向いています。会話はもちろん、授業も英語で行うため話せなければ取り残されてしまいます。そういった環境なので否が応でも覚える必要がありますし、自然と身につく可能性が高いです。一方で不向きなのは、内向的な性格の子どもです。全ての人が当てはまるわけではありませんが、外国人は自己主張が強いというのが一般的な認知でしょう。そんな外国人ばかりがいる中での生活は、自分を表に出すことが苦手な子どもにとって難しい環境と言えます。インターナショナルスクールは、向き不向きがはっきりしています。入学を検討するなら、子どもの意思とともに向いているかじっくり考えたうえで判断することが大事です。

Page Top