前へ
次へ

インターナショナルスクールで英語力がつく理由

世界で最も話されている言語は中国語と言われますが、母国語を除けば英語が最も話されているかもしれません。第二の言語として英語を設定している国は多いですし、日本同様に外国語教育として英語を設定している国も多いです。日本はなぜか外国語として英語を設定しているにも関わらず英語を使える人があまりいません。他の国では学校の英語教育で身につけられているケースが結構あります。小学校から英語を学ばせるなどいろいろな取り組みをしていくようです。ただ現状では一般の学校で英語力をつけるのは難しく、子供に英語力をつけさせるには何らかの学校を利用しないといけないでしょう。インターナショナルスクールは日本にある外国人用の学校で授業などは英語が使われています。インターナショナルスクールで英語力が身につくのは授業だけでなく学校内でのコミュニケーションが英語で行われるからです。学校にいれば嫌でも先生や友達とコミュニケーションしないといけないので、自然に英語が身につきます。

Page Top