前へ
次へ

インターナショナルスクールの歴史の授業

小学校や中学校では歴史の授業は社会の授業の一つとされます。高校になって日本史と世界史など社会の科目が分けられます。日本においては小学校や中学校では歴史と言えば日本史がメインで教えられ、日本と関係の深い部分として世界史が少し授業で出てきます。インターナショナルスクールにおいても社会の授業がありますが、このスクールでは外国から来ている子たちが帰国後に困らないような授業を行います。歴史の授業においては日本史の内容になりません。インターナショナルスクールにはアメリカ系やイギリス系と言われる系統があり、それによって歴史の授業も変わるようです。アメリカ系のスクールはアメリカの歴史を中心に欧米の歴史が学べるようになっています。イギリス系だとイギリスから見た欧米の歴史になっていくのでしょう。歴史においては戦争のことも学ばなくてはいけませんが、こちらもそれぞれの国の視点からの授業になるようです。歴史の授業ではあまり日本はよく言われないときもあります。

Page Top